かほく市立高松小学校にてプログラミング授業を実施

2018年12月13日 木曜日
かほく市立高松小学校にて、2年生を対象にシールとスキャナーを使ったプログラミング教材(注1)を利用した授業を行いました。

生徒の皆さんは、自分で考えた通りにロボットを動かそうと、何度もシールを貼ったり貼りなおしたり、試行錯誤しながら取り組みました。

身近な物である「シール」を使ったプログラミング体験によって、とても楽しそうに取り組んでいた様子でした。

=====================================================================
注1:学校法人金沢工業大学と株式会社ウイル・コーポレーション、株式会社PFUが共同開発した小学生向けのプログラミング教材。

(参考リンク)「シールとスキャナーを使った新プログラミング教材活用の実証実験を実施」
http://www.pfu.fujitsu.com/news/2018/new180926.html

IT-CATSかほく推進協議会

かほく市では、「かほく市の子どもたちにとって望ましいプログラミング教育」のあり方を見据えながら、新たな取り組みをスタートしています。この取り組みが経済産業省の「地方版IoT推進ラボ」の第三次選定を受けました。また今春、本活動を推進すべく、「IT-CATSかほく推進協議会」を発足いたしました。