第3回石川県小学生プログラミングコンテスト審査結果が発表されました!

2019年10月27日(日曜日)

かほく市生涯学習フェスティバルにて、「第3回石川県小学生プログラミングコンテスト」の

審査結果発表および表彰式を行いました。

IT-CATSかほく推進協議会および協賛各社様にて審査し、入賞作品5作品の選出を行いました。

入賞作品は以下の通りとなります。
※作品画像をクリックすると動画が見られます(YouTubeにリンクしています)。

==========

<奨励賞>

入賞作品の中で協賛各社様から選出された作品です。

◆アイ・オー・データ機器賞

 作品名:「MusicLeaf」

 作 者:松田 あゆ美 さん(小5)

◆三谷産業賞

 作品名:「たいこ名人「いこちゃん」」

 作 者:垣花 真希 さん(小4)

◆NTTドコモ北陸支社賞

 作品名:「プログラミングのどうぞボックス」

 作 者:小林 力喜 さん(小5)

◆富士通ITプロダクツ賞

 作品名:「後ずさりする猫」

 作 者:河村 和也 さん(小5)

◆PFU賞

 作品名:「プログラミングの宿題声掛け装置」

 作 者:小林 喜音 さん(小6)

<準グランプリ・グランプリ>

入賞作品の中でも得点の高かった上位2作品です。

◆準グランプリ

 作品名:「プログラミングの宿題声掛け装置」

 作 者:小林 喜音 さん(小6)

 なお、小林さんの作品は奨励賞と準グランプリの2賞の受賞となります。


◆グランプリ

 作品名:「たいこ名人「いこちゃん」」

 作 者:垣花 真希 さん(小4)

 なお、垣花さんの作品は奨励賞とグランプリの2賞の受賞となります。

=======

今回のコンテストのテーマは

  「IchigoJamを使って、センサーに反応して動くものを作ろう!」

でしたが、子どもたち自身が考えたアイデアを実現するために試行錯誤したことが

1つ1つの作品から伝わってきますね。

コンテストへの参加経験を通じて、いろいろなアイデアの実現方法や課題の解決方法を自分自身で考えていけるようになって欲しいと思います。


また、来年度の開催も企画検討しておりますので、さらに多くの方に参加いただき、

この機会を活用して子どもたちの成長の一助としていただければと思います。


最後に、本コンテストの開催に際して、ご応募いただいた皆さま、ご協力いただきました

皆さまに感謝いたします。また、来年度もご期待ください!

―――――――

<表彰式集合写真>

(上段左から) NTTドコモ)椿さん、PFU)宮本さん、三谷産業)梶谷さん、油野かほく市長、山越教育長、富士通ITプロダクツ)桶川さん、アイ・オー・データ)真田さん、加藤金沢大学准教授

(下段左から) 小林(力喜)さん、小林(喜音)さん、垣花さん、河村さん、松田さん

IT-CATSかほく推進協議会

かほく市では、「かほく市の子どもたちにとって望ましいプログラミング教育」のあり方を見据えながら、新たな取り組みをスタートしています。この取り組みが経済産業省の「地方版IoT推進ラボ」の第三次選定を受けました。また今春、本活動を推進すべく、「IT-CATSかほく推進協議会」を発足いたしました。